読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

_

「ここにいない」感

小学校の時、

例えば集会で全校生徒(といっても私の学校は小学部と中等部全員で200人ぐらいだった)が集まるとき。本当は全校集会なんかなくて、自分だけが勘違いして体育館に来てるだけなんじゃないか、とか。

運動会でよさこい踊ってる時、本当は勘違いで、自分だけが運動場の真ん中に出て踊ってて、周りの人は茫然としてるんじゃないか、とか。

そうやって、最中に突然自分だけ白ける場面がよくあって、いつもそれが来るってビクビクしていた。

あーまた来たよって感じではなくて、今度こそ自分だけの幻覚なんだって、毎回思ってた。

そもそも自分が「そこにいる」時に、「あー私今ここにいる」何て思わないし信じられるのは自分の目だけ。私はその目が信じられなかった。目以外の他のもので確認が取れないとダメ。

<追記5/7>おそらく、うちの家は黒いリュックを買うと「冬しか使えないね」と言い、白いリュックを買うと「夏しか使えないね」と言うような家なので、常に流行(=周りの空気)の中で自分だけ白けているっていう習慣がついてしまったんじゃないかな。

さらに分かりやすい例として、中学生になっても、トイレに入ったとき、個室で便座に座って、本当にここがトイレなのか、違うといけないから、トイレの壁をベタベタ触ってた。手に冷たいタイルの感触があって、「どうやらトイレでいいらしい」と判断していた。<追記>

その癖は今でも治らない。私はディスカッションが恐ろしく苦手だ。理由は本当に一言じゃ語れなく、様々な要因があるのだが。とにかく徹底的に避けている。ディスカッションで、他人が発言していても、自分が発言すべきと感じない。何も言えないからとりあえず否定だけしてると、「じゃあさえちゃん何かない?」って言われて、ああ、私居たんだ、ってなる。

責任感が、欠如している。

<追記5/7>今度クリニックに行ってくる。まずは電話しないと<追記>